ルームシェアは問題が起こったときだけその都度調整すればいい

最新サービスまるわかり

人間関係に大切なのは、最後は心の余裕の有無

人間関係に大切なのは、最後は心の余裕の有無

シェアハウスとルームシェアなど、住み方一つとっても個人の多様化した欲求に対して解消してくれる最前線の発想を持つ場所が東京という場所です。
前例がないことが多いため、自分たちでどう考え乗り越えるか試される場所といっても過言ではありません。

ここで生活するという事は、ある意味前向きかつ積極的に楽しむ発想を持ち、気後れせずに生活することが最大の課題だとも言えます。
生活自身に張りと緊張感を持つことや、柔軟な発想で物事を考えれること、必要以上にこだわりを持たないことなど、人によってそれ自体が負担になることは多いと思います。

シェアハウスは、先に入居していたからといって、そのルールが絶対的なものではなく、入居者が入るたびに調整する必要がある反面、ルームシェアは問題が起こったときだけその都度調整すればいいという気楽さもあります。

金銭トラブルを未然に防ぐ方法があるなら、集金袋を作り同居する人に翌月の支払い分を収集するというルールかもしれません。
一ヶ月まつ猶予があり、お互いに身の振り方も考える時間が持てます。
よく言われる、いきなり逃げられるということもなくなります。

余裕を作ることが人間関係では一番大切です。追い詰めず、追い詰められない環境を目指してみてはいかがでしょうか。