アパレル業で会社設立 | 最新サービスまるわかり

最新サービスまるわかり

アパレル業で会社設立

アパレル業で会社設立

前職は8年間会社員として働いてきました。職種はアパレル関係です。
その時代では販売だけでなく商品の企画にも携わることができ、そこで培った経験を今度は自分のやりたい方向性でしたい場所で発展させ、喜んでくれる人を増やして行きたいという思いから会社設立を考えました。
取引先との関係も築けていたため、環境としたら挑戦できるステージを用意してからで、応援してくれる人もいました。
資金がある程度準備できたので設立に向けて行動を起こしました。
会社設立の助成金なども利用しました。

株式会社を設立したのは将来会社を大きくしやすいと考えたから。
取引先の裾野が広がったので、信頼を高く集めやすい株式会社を選びました。
合同会社での会社設立に関しては考えませんでした。

会社設立して変わったこと

会社設立をしたメリットとしては、自分で動ける幅が広がったことです。
いち会社員だとどうしても動きの制限が出てきてしまうことがあります。
自分で会社を立ち上げたことで、取り掛かりたい事業については時間を忘れるほどのめり込むことができ、それに対してお客様がよい反応をしてくださると非常にやりがいを感じます。

会社設立のデメリットとしては、当然ですがすべての責任を自分で負うということです。
特に金銭管理については精通していなければまなりません。自身が苦手でしたら精通する人を雇わなくてはなりません。
会社を存続するための工夫を常に考えながら進んでいくところが、大変な部分でもあり興味深い点でもあります。