複合機やコピー機をリースというかたちで契約する

最新サービスまるわかり

リース契約のメリットとデメリット

リース契約のメリットとデメリット

複合機やコピー機があると会議などで書類が大量に必要になった時に簡単に書類を準備する事が出来るので便利です。
ですが複合機やコピー機を購入するとなると高額な金額になり事務手続きも面倒な事になってしまいます。
中古で複合機やコピー機を購入したとしても3万円から8万円はかかってしまいますし機能を良いものにするとなると更に値段が高くなります。
また中古品の場合は故障などで修理や部品交換を頻繁に行うことになるので費用が他にかかってしまいます。
ところが複合機やコピー機をリースというかたちで契約すると毎月変わらない料金でお得に利用することが出来ます。
複合機やコピー機はリース会社に所有されたままなので毎月のリース料金を経費として計上でき事務処理も簡単です。

リース契約は期間の途中で解約する事が出来なかったり壊れてしまった場合は自己負担になってしまうというデメリットもあります。またリース契約をする際に審査に通らないと契約が出来ません。
レンタルの場合は短期間で返却する事が出来ますがレンタル品のほとんどが中古品で最新の機能が搭載されていません。
リースの場合は最新の複合機やコピー機を選べるので仕事の効率も上がります。
契約期間が満了になった後も再び最新の複合機やコピー機のリース契約を結ぶことで常に最新の機械を使用する事が出来ます。
リース契約のメリットとデメリットを考慮した上で複合機やコピー機を導入するのが良いでしょう。