最近注目の水素風呂。

最新サービスまるわかり

銭湯から水素風呂まで日本のお風呂の今昔

銭湯から水素風呂まで日本のお風呂の今昔

最近注目の水素風呂
果たして海外にはあるのかしら?という感じがします。
なぜならお風呂と言えば日本特有のものというイメージがあるからです。
しかしこの日本のお風呂の歴史案外浅いものなのだそうです。

日本人は毎日お風呂に入るのが当たり前。
海外では1週間お風呂に入らなくても当たり前ですし、シャワーのみでバスタブのついた風呂場なんてあまりないです。
日本人のお風呂好きは有名ではありますが、実は今の湯船に入るという状態の銭湯ができたのは江戸時代だそうです。
そして日本にお風呂文化が根付いたのは清潔好きというのもあるかもしれませんが多湿な気候のためではないかと考えます。
じっとりとした湿気の中で汗をかいたままだと不快感この上ないです。
さっぱりしたいということからお風呂に入るという習慣がついたのではないでしょうか。
実際ヨーロッパでは乾燥しているので汗をかいてもすぐに蒸発して気になりません。
そのため2〜3日お風呂に入らないからといって特に不快感はありません。

日本でのお風呂の進化は他の国にはない程目覚ましいものがあります。
昔は個人でお風呂を持つというのがなかったため銭湯へ。
その内個人でお風呂を持つようになり、原始的な直接火をたく五右衛門風呂からガスで湯を沸かして直接浴槽へためるものに。
お風呂へ入るという行為を快適なものにするように考えられ、今では美容や健康のことも考えられるようになりました。
水素風呂もこの一環で美容と健康に効果が高いとして注目されています。
その内どこの家庭でも水素風呂が当たり前になるという世の中になるのでしょうか。