練馬に限らず何処の不動産でも、必ずと言っても良い程目にする

最新サービスまるわかり

間取り図の見方

間取り図の見方

不動産物件情報を探すと必ずぶち当たるのが、間取り図です。
練馬に限らず何処の不動産でも、必ずと言っても良い程目にするものです。
しかし全体図を見ても、記号だらけで何が何やらさっぱりと感じている人もいるのではないでしょうか。

ただ何を書いているのか分からなかったとしても、部屋の配置ぐらいは分かるかと思います。
玄関はどこにあって、右手側にはどういう部屋があるかが分かっただけでも大収穫です。
間取り図にもよるのですが、「玄関」「洋○畳」「和○畳」と書かれていれば知識が無かったとしても、おおよその見当はつくかと思います。

しかしやっかいなのは、英語表記です。
最近は特に多く、ある種の暗号の様に思えます。
よく見るものとしては「LDK」で、リビング(居間)・ダイニング(食堂)・キッチン(台所)が一緒になっている所を指します。
「UB」はユニットバスの事です。浴槽や壁などを予め工場等で作り、現場で組み立てる浴室の事を言います。「BR」は浴室のベッドルームの事で、「MBR」は家の中でも最も広いマスターベッドルームの事です。

ただ分からなかったら、直接不動産屋へ聞いた方が早いかもしれません。
大きい買い物になるので、遠慮する必要はありません。
他にも分からない事があれば、ガンガン質問していきましょう。